あらゆる状況を想定して乗る人に安心をもたらす、
総合安全制御のコンセプト Volkswagen オールイン・セーフティ。
新時代のベンチマークとなるその価値が、いまセダンの概念を変えていく。

なによりも事故を起こさないための「予防安全」。万が一の事故のダメージを軽減する「衝突安全」。
そして、事故が起きた後の被害を抑える「二次被害防止」の3つのステージで総合的に危険を回避する数々の技術を展開しています。
その安全思想は、もちろんPassatの全てのグレードに採用され、 渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”を始め、プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”など、最先端の安全技術を標準装備しています。

Volkswagen オールインセーフティ

Around 周囲の情報を映像でチェック
Area View アラウンドビューカメラ

運転席からでは視認しにくい周囲の情報を、映像で提供するシステム。車両の周囲を視覚的に把握できるので、狭い路地での確認などに便利です。

  • ※Highlineにオプション設定

全速度域*においてレーダーで前方の車両との距離を探知。衝突の危険が予測される場合には、制動距離の短縮化を図るため、ブレーキ圧を高めてスタンバイ状態を保持するとともに、ドライバーに警告音・警告灯による注意喚起を行います。その際、ドライバーが回避操作を行わない場合には、システムが自動で車両を減速させて衝突の被害を軽減します。また、時速45km未満での走行中には歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能が作動。レーダーとフロントカメラが連携し車両だけでなく、歩行者も探知し、自動的にブレーキを作動させ危険を回避、あるいは追突の被害を軽減します。

  • *プリクラッシュブレーキシステム”Front Assist”が”ON”の時、約時速5km/h以上で前方の交通状況を検知します。

City Emergency Braking

City Emergency Braking
  • ※映像は欧州仕様車です。
  • フロントガラス上部に設置されたカメラにより走行中の車線をモニタリングし、ドライバーの意図しない車線の逸脱を検知すると、ステアリング補正*を行いドライバーに警告します。
    • *ステアリングの補正はドライバーのステアリング操作で解除することができます。
    • ※起動速度 65km/h 以上 作動速度 60km/h 以上
  • 高度なレーダースキャンにより先行車を測定。設定されたスピードを上限に自動で加減速*を行い、一定の車間距離を維持することで、長距離走行などでのドライバーの疲労を低減させます。
    • *本機能は先行車のゆるやかな減速に対応するものであり、急ブレーキによる減速に対応するものではありません。
    • ※起動速度:30km/h以上 作動速度:0km/h以上
  • ドライバーが設定した間隔を先行車との間で保ち、走行レーンを維持するようサポートできます。渋滞時やストップ&ゴーの多い状況において、自動的にアクセルペダル、ブレーキおよびステアリングを制御します。
    • ※起動速度 30km/h 以上 作動速度 0~60 km/h
    • ※作動条件 ドライバーの両手がステアリングを握っていてハンドル操作に関与していること

Adaptive Cruise Control(ACCらくらくドライビング♪)

Adaptive Cruise Control(ACCらくらくドライビング♪)

ACCのステアリングスイッチの配置がよいのと、スイッチが視覚的に操作しやすく、速度設定、車間距離設定がスムーズにできる。
他メーカーのACC装着車にも試乗したが違和感があり、Volkswagen車が一番しっくりくる。
前車に追いついたり、前車が停止した場合のアクセル及びブレーキコントロールの制御が素晴らしく信頼できる。また、制御状態(車速、車間距離)をメーターパネルで確認しやすい。

高速道路でレーンキープアシストシステムとアダプティブクルーズコントロールを組み合せて使用すると、ほぼ自動運転に近い様相で、とにかく移動がラクになる(ステアリングの操作は必要)

リヤバンパー左右のレーダーセンサーにより車両後方約70mまでの範囲で周辺の状況をモニタリング。斜め後ろの死角エリアに車両が走行している場合、ドアミラーの専用インジケーターが点灯。ドライバーが検出車両の方向にウインカーを作動させると点滅に切り替わり、注意をミラーに引き寄せます。また、検出車両の方向に進路変更しようとするとステアリングを自動で補正し軌道を修正、他車との接触を回避します。

  • ※作動速度 10km/h以上

Side Scan

Side Scan
  • ※映像は欧州仕様車です。

レーンチェンジアシストは、点灯場所(ミラーも見る癖が付く)と、作動範囲が適切で、これで避けられる事故は(もらい事故も含めて)世の中にたくさんあるだろうな、と思いました。

この機能は「無いのは困る」と思いました。死角は通常目視によって確認しますが、事前に光で伝えるのはすごく有用性が高いと感じました。他のメーカーのミラー内部が光るより、こちらの表示方法の方が分かりやすかったです。

駐車位置から後退で発進する際、リヤバンパーに内蔵されたレーダーセンサーにより車両後方の交通状況をモニタリング。
車両を検知した際、警告音にてドライバーに注意を促します。ドライバーが反応しなかったり、ブレーキが不十分な場合には、自動的にブレーキを作動させます。

※作動速度 1~12km/h 後退時

衝突や追突時の衝撃をエアバッグのセンサーが検知することで作動。自動でブレーキをかけて車両を10km/h以下になるまで減速*させて、対向車線へのはみ出しによって起こる多重事故の危険を低減させるシステムです。

*車両は最大0.6Gの範囲内で減速されます。

急制動や極端なオーバーステア/アンダーステアによって発生しうる事故の可能性を検出すると、即座にシートベルトのテンションを高めます。さらに同時にウインドーを閉じ、万が一の衝突が起きた際、各エアバッグが最大限の効力を発揮できるように備えます。

ドライバーのステアリング入力や角度をモニタリング。疲労や眠気による急なステアリング操作など、通常の運転パターンと異なる動きを検知して、マルチファンクションインジケーターの表示と警告音で休憩を促します。

  • ※このシステムはドライバーの疲労をどのような状況でも検知できるわけではありません。車速が65km/h未満の場合やカーブ走行時、道路状況、天候状況によってはご使用になれない場合があります。
  • ※写真は一部実際と異なる場合があります。

ギヤをリバースに入れると、リヤエンブレムに 
内蔵されたカメラが後方の映像を映し出します。
車庫入れ時などに、後方視界を画面で補助します。

  • ※Front Assist、シティエマージェンシーブレーキ、ACC、Lane Assist、Traffic Assist、Side Assist Plus、リヤトラフィックアラート、ポストコリジョンブレーキシステムの制御には限界があります。
    これらのシステムは追突などを自動で回避するものではありません。また、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。
  • ※Traffic Assistは高速道路や舗装状態の良い道路の走行を想定して開発されたシステムです。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。
    詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
  • ※ナンバープレートは、撮影後の画像処理になります。
  • ※掲載されている写真およびイラストは日本仕様と異なる場合がありますのでご了承ください。また、有料のオプション装備を装着している場合があります。
  • 洗練されたデザイン Design
  • オールイン・セーフティ Safety
  • 快適な走り Drive
  • 心地よい空間 Comfort
  • ゆとりのパワー R-Line